Top > 脱毛 > 脱毛は脱毛サロンでやる?脱毛器でする?

脱毛は脱毛サロンでやる?脱毛器でする?

脱毛をサロンでおこなうか、脱毛器を購入するかどちらが良いか?

脱毛する時に迷うことのひとつですね(゚o゚;;

 

どっちがいいかというと、各自の環境によっても変わります。

例えば、脱毛サロンからあまり離れていないところに住んでいるなら、少し面倒な脱毛器を利用するよりもサロンで脱毛を行ってもらうべ聞かも知れません。

 

逆に、ムダ毛の処理を自宅で行いたい場合は、家庭用の脱毛器で脱毛するといいですね。

 

脱毛器の中でもより綺麗になるものは少々値が張ってしまう可能性がありますので、よく検討するようにして下さい。

 

 

泡脱毛?

脱毛器のソイエやアミューレを使うと、泡脱毛という種類の脱毛が可能です。

 

泡で包みこみながらムダ毛を処理することで、気になる肌へのダメージは減り、なるべく痛くない処理ができるのです。持ちろん、どの部位でも可能という所以ではありません。

 

方法としては毛を挟むといったものなので、それに伴う痛みも無視することはできません。

 

そして、毛を抜いた後の問題点としてはほとんどの人が肌が赤くなる沿うです。

 

VIO脱毛は医療脱毛でも出来ます。

 

 

 

 

痛みを強く感じますが、その後、ムダ毛が生えにくくなります。少しずつ脱毛するなら、レーザー脱毛という手もあります。レーザーを照らしていくので、好きなだけ調整可能という点がメリットです。

 

どのような感じでVラインをキレイにするかは人それぞれでお好みがあるでしょうから、やり過ぎた脱毛をしないために医療脱毛が信頼できる手段です。

 

 

脱毛後のケアは十分に気を使いましょう!

脱毛後のケアは仕上がりや持続性に影響しますので、入念に大事なのは保湿です。

脱毛後、周りの肌は乾燥したり、毛穴が目立ちやすくなったりしやすいのです。肌の乾燥はいろいろなトラブルの基になりますから、普段のお手入れ以上の保湿が必要です。また、脱毛したところの周囲に紫外線の刺激を避けることも大事です。

 

脱毛したところは雑菌感染を避けて下さい。

 

 

 

温泉や岩盤浴など、しばらくは控えましょう。

 

 

 

脱毛機トリアの特徴

米国生まれの脱毛器『トリア』は家庭でも安心してレーザー脱毛ができるよう開発された製品です。

医師免許のない人がレーザー脱毛をおこなうことは医師法に違反するため、エステサロンや脱毛サロンでも施術できません。

医師のいるサロンかクリニックでしか受けられなかったレーザー脱毛を家にいながらにしてできるのは、素晴らしいですね。

 

 

特別なランニングコストは不要ですし、トリアを購入して使ってみた人の約90%が、このパーソナルレーザー脱毛器には相応の価値があったと認めています。リスクフリーで購入できるよう、30日間の返金保証がついているのも嬉しいです。

 

 

脱毛器の短所は購入の費用がかさ向ことだけでなく使うときに手を動かさないとならないことです。比較のために、脱毛サロンなどの値引きプログラムの代金が目に止まると自宅用の脱毛器のために支払う金額が大きいという感覚が生じる場合があります。

さらに、どうにか入手した際でも、思いのほか使いづらかったり、痛さがひどかったりして、二度と手を触れないようになることもよくあります。

 

脱毛サロンとクリニックの相違点であげられるところは、脱毛サロンだと基本的には光脱毛で、一般的にクリニックではレーザー脱毛です。光脱毛より、レーザー脱毛の方が、脱毛効果は高いという評価がありますが、痛みが強いですし、お値段も高いです。

 

それに、クリニックといっても、絶対に安全な施術だとはいえません。

 

 

 

 

 

家庭で脱毛できる機器として販売されているのは、ほとんどの商品がカートリッジ交換必須ですから、購入する際は、留意するといいですね。維持費のことを気にしないで購入してしまうと簡単に脱毛することが難しくなります。

 

しかし、カートリッジの交換が必要ないことを売りにしている脱毛器が優れているのかといえば、使用により劣化した本体は交換が必要なので、頻回に使用してしまうと得とは言えないことになります。

 

 

脱毛クリニックで脱毛するときも前処理は必須です

いくら医療脱毛だからといって、施術してもらうときは、事前に処理しなくてはいけません。

必要のない毛がわさわさ生えていては施術不可能ですので、カウンセリングで教えられたように処理しておいて下さい。

 

施術日の前の日ではなく、数日前に処理することで、施術後の肌に問題が発症しづらくなるかも知れません。脱毛クリームを使用することで、簡単にムダ毛を溶かせるでしょう。

 

うれしいことに痛みもありませんし、黒いブツブツが残りませんから、脱毛クリームを好む人も少数派ではありません。

 

 

ただし、においが鼻につきますし、配合成分が肌の弱い人には刺激となる事もあります。

 

 

 

それから、溶け残りを防ぐため、たっぷり塗らないとならず、費用の面が気になります。脱毛器は安全性をチェックしたうえで出荷されています。

それでも、メーカーが禁止している方法で使用したり、使用方法を間違えると、機器の故障だけでなく、肌トラブルを起こす事もあります。

 

トラブルを回避して安全に使うため、使用上の説明にはかならず目をとおし、それらの使用法や注意点を守ってお使い下さい。光脱毛は一般的ですが、効果があとになっても出てくるため、やりすぎによるトラブルを防ぐためにも、定められた時間や手順等を厳守したほうが良いです。

 

また、脱毛後の肌のお手入れだけでなく、脱毛器の始末も取扱説明書にしたがって行いましょう。

 

例えば、アンダーヘアの自己処理を脱毛器でおこなうのであれば、ユーザーレビューだけではなく、メーカー仕様をよく確認して、アンダーヘア脱毛対応機種を使わなければいけません。

 

非対応機種でムリに脱毛すると、効果が得られなかったり、やけどをしたり、炎症で済む場合でも、少なくともその状態が治るまでは、ほかの方法での脱毛も避けなければなりませんので、メーカーが推奨している用途以外での使用は避けなければいけません。

 

沿ういった注意点を踏まえてさらに、出力を自在に加減できるタイプを選べば痛くて使えなかった、ということもありません。

 

 

フラッシュ脱毛はどんな特徴がある?

光脱毛と呼ばれているフラッシュ脱毛は、エステの脱毛コースに加えて脱毛サロンでも頻繁に使用されている手段です。

特殊な光を肌に照射することによって、ムダ毛を発生させている組織を壊します。

 

フラッシュ脱毛器には家庭用のものもありますので、自分の手で光脱毛することもできるのです。

痛みについて言えば、レーザー脱毛より少ないですし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが特質と言えるのではないでしょうか。

 

 

脱毛器は手頃なところで1万円くらいのものもあれば10万円くらいまで、同一ジャンルの製品群における価格差が、とってもあると言えます。

高い値段のものなら間ちがいがないかというと、オプションやメーカー側の設定によって持ちがいますし、最高値イコール最高峰の性能とは言いきれません。

 

しかし、価格が安いものはやはり「それなり」です。お金を払ったのに効果が得られないという点でいえば「それなり以下」であることもあると覚悟しておくべきでしょう。

 

安かろう悪かろうという製品をつか向くらいなら、買わないほうがマシですし、ユーザーレビューやクチコミホームページなどを参考にして判断するようにしましょう。

 

逆に10万円以上払うなら、脱毛サロンで脱毛してしまった法が良いかもしれません。

例えば、キレイモでは6回のパックプランだったら10万円ちょっとで全身脱毛できます。

 

キレイモの脱毛料金

6回の料金…114,000円

18回の料金…290,700円

参考:キレイモの料金プラン

 

キレイモに限らずですが、脱毛サロンの方が自分で脱毛するよりも仕上がりが綺麗になりますよ^^

 

脱毛機の痛みについて

同じ脱毛器を使っていても、ときどき痛いと感じられるときがあります。

 

個人差もありますし、同一人物でも部位によって感覚が違っていたりするので、避けられないことです。

そんなときは、水や保冷剤などであらかじめ皮膚を冷やしてから脱毛器を使ったら、感じる痛み(刺激)が軽減できます。

 

肌にあてる光を任意にコントロールできる脱毛器の場合、「これなら大丈夫」というくらいまで出力を下げてみましょう。

 

 

出力の強さは脱毛効果に比例しますが、痛みを耐えて脱毛していても、あとで火照りなどが出る事もありますし、無理はつづかないのではないでしょうか。

 

また、その無理は、本来必要のないことなのかも知れませんよ。

 

調整機能がついているのは、それぞれに最適な状態で施術するのを考えられているためです。

 

弱いなりの効果はあるので、自分に合った無理のない脱毛をしていきましょう。

脱毛

関連エントリー
脱毛は脱毛サロンでやる?脱毛器でする?